野原 剛
(ノハラ ゴオ)
 
オープニング演奏(フルート奏者)
 
奈良県立高円高等学校音楽科を経て大阪音楽大学卒業。在学中渡英。
フルートを高橋成典、中務晴之、山腰直弘、多久潤一郎、ポールエドモンドデイビィス
室内楽を宮本謙二、指揮を松尾昌美、辻井清幸、デービット・ハウエルに師事。
全日本ソリストコンクールにて奨励賞受賞。
現在、ソロからオーケストラまで様々な場面で活躍する新進気鋭のフルーティスト

1)最近の主な演奏活動:

2004~2005年 ならまちゲバントハウスオーケストラ(プロ)の主席フルート奏者を勤める。
2005年ソロリサイタル(三木市主催・三木文化ホール)
2005年チューリッヒ国立歌劇場主席ファゴット奏者ウルス・デングラー、オーボエ奏者アンネ・デングラーと共に「トリオ・ソナタの夕べ」で共演
2006年サンクトペテルブルグ音楽院教授グリゴーリ・セドウフとデュオコンサート
2007年カンマームジーク・イン・ブラス代表兼奏者

2)最近の主な指導暦:

2004~現在  大阪市立南高等学校にて吹奏楽指導、指揮者として2度大阪府大会に導く
2004~2005年 大阪市音楽団メンバーらと大阪市民吹奏楽団のサマーセミナー講師を務める

3)最近の主なプロデュース、監修暦:

2004~2006年 NTTフレッツスクエア、フレッツ・オン・シンフォニー(クラシック解説サイト)監修
2007年5月ラ・フォル・ジュルネ「トイズ・ハーモニー」制作メンバー

自己PR

得意な楽曲
バロック 全般(ベラチーニのフルートソナタ ヴィヴァルデイのソナタなど)
ロマン派(デゥメルスマンのオベロンファンタジーなど)
フランス近代(シャミナーデのコンチェルティーノ、など)
ポップス全般

選曲は、好印象で、うけの良いものを選ぶ。客層に合わせ、(平均年齢)童謡、唱歌、演歌、流行歌などをおりまぜる。またオリジナルソングがある場合は、編曲し演奏する。
過去には、社歌(大林組)などをアレンジして依頼コンサートも行った。


指導方針

社会経験を生かし、音楽はもちろん音楽を通して総合的に育てる。 良き生活から、良き成果が生まれると考える。 演奏会には、テーマをきめ、メッセージ性のあるコンサートを行う

スリランカチャリティーコンサート(2005年と2006年)奈良キリスト教会
新潟地震チャリティーコンサート(2005年)奈良佐保キリスト教会
日本の四季を楽しむコンサート(2005年)奈良郡山料亭
大仏奉納コンサート(2005年)東大寺大仏殿 仏画とフルート(本町のレンタルスペース)